不動産投資で失敗しないために

近年、2030代の若年層サラリーマンの間でも注目されている、不動産投資。これまで一般的だった株やFXなどの投資法のように、目に見えて大きな収益を上げることは難しいものの、中長期的に安定した収入が得られるのが魅力です。
しかし、知識も経験もない初心者がきちんと専門知識を学ぶことのないまま投資を始めてしまい、失敗するというケースが多発中。その増加ぶりには、経済の専門家が警鐘を鳴らしているほどです。
不動産投資で成功するためには、過去の失敗事例が参考になります。「どういった点に注意すべきか」、「どういった行動がNGか」、そして「何を知っておく必要があるのか」を、失敗事例から学んでいきましょう。

不動産投資で
よくある失敗事例

不動産投資はどのように破綻するのか

近年、不動産投資に失敗してしまう人が増えています。自己資金が目減りする程度ならまだ良いのですが、中には借金まで背負うことになってしまう人も…。以下に紹介していく失敗の事例から「どうして不動産投資が破綻してしまうのか」を学んでいきましょう。そして、成功するために必要な心構えを養うことが大切です。

  • 不動産投資の
    失敗事例その1

    安さにつられて
    競売物件を購入

    Aさんは、問題の物件を購入する以前に、すでにアパートの一棟経営で成功を収めていた投資家でした。さらなる投資拡張を狙っていたところ、付き合いのある不動産会社から競売物件の情報を入手したのです。Aさんは立地条件や間取りの良さ、そして何より相場の3分の2程度という値段に惹かれ、購入を決断したのですが…。

    詳しく見る

  • 不動産投資の
    失敗事例その2

    利回り◎!と思ったが

    Bさんは「7%以上の利回りを実現する不動産投資」という目標を明確に持っていました。「計画を満たせる物件」という条件で候補を絞った結果、東京の郊外にあるマンションの一室を、800万円で購入したのです。家賃の想定は50,000円。表面利回りは7%以上と、計画通りでした。しかし、いざ経営をスタートしてみると…。

    詳しく見る

  • 不動産投資の
    失敗事例その3

    自信満々の業者に
    のせられた結果

    将来に向け、何らかの投資を考えていたというCさん。そんな時、会社にかかってきた不動産投資の営業電話に興味を持ち、セミナーへと足を運びました。当日は営業トークの嵐。「節税対策になりますよ」、「この物件なら、収支がマイナスになることはありません」などと畳みかけられ、ついに投資用ワンルームの購入に至ったのですが…。

    詳しく見る

  • 不動産投資の
    失敗事例その4

    投資は買ったら
    終わり!ではなかった

    Dさんは関東近郊に、マンションを購入。金融機関の融資を受けましたが「ローン支払いはすべて家賃収入で賄う」という返済計画を立てていたそうです。しかし築数十年の居室に、水道管トラブルが発生。修繕費用は100万円を超えてしまいました。さらに「家賃収入を得ている」ということで、税金の課税額まで上昇し…。

    詳しく見る

  • 不動産投資の
    失敗事例その5

    物件の自己管理を選んで大失敗

    Eさんはすでに入居から数年の居住者がいるマンションの一室を、先代のオーナーから購入しました。居住者には退去の意思がなく、過去にも問題の履歴がありませんでした。そこで「早く減価償却したいから、管理は自分で行おう」と決めたそうです。しかしその居住者が体調を崩した結果、家賃を滞納するようになりました。

    詳しく見る

  • 不動産投資の
    失敗事例その6

    近くの大学が移転をして
    入居者激減

    Fさんはすぐ近くに大学があるワンルームマンション物件を購入しました。築30年とそれほど良い条件ではありませんでしたが、Fさんは「アパートの多いエリア内で、堅固なマンションは人気を集めるはず」と判断。実際に経営開始後は女子学生からの人気が高く、数年間の経営は順調でした。しかし、ある時、大学が…。

    詳しく見る

  • 不動産投資の
    失敗事例その7

    返済計画を見誤ってしまった

    Gさんは、23区内でさらに駅近という好条件のワンルーム物件を購入。その費用は約4,000万円とかなり高額でした。自己資金の1,000万円に加え、3,000万円を借り入れるかたちで、何とか購入に踏み切ったのです。利率は約3%、期間は15年程度、月々の支払いは100,000円程度だったのですが…。

    詳しく見る

  • 不動産投資の
    失敗事例その8

    地方の物件購入にあった落とし穴

    Hさんは関東のとある県にある、木造アパートを一棟買いしました。その購入価格は、約5,000万円。築年数の浅い物件であることを考えると、まずまずの価格です。魅力的だったのは、すでにとある企業が全室を借り上げていたこと。おかげで利回りは10%超えという状態でスタートを切ることができたのですが…。

    詳しく見る

  • 不動産投資の
    失敗事例その9

    最も重視すべき空室対策

    Iさんは、地方都市に単身者向けのアパートを一棟購入。順調な経営を続けてきました。しかしその中の一室が、半年間も空室状態に。「入居者付けがうまくいかないのは、募集要項が厳しすぎるせいでは…」と、見直しを検討し「二人入居もOK」と、条件を緩和することにしました。ほどなく若い夫婦の入居者が決まったのですが…。

    詳しく見る

  • 不動産投資の
    失敗事例その10

    自己破産せざるを得なかった理由

    Jさんは、30代のサラリーマン。不動産投資に興味を持っており、自分なりに勉強を重ねてきました。自己資金はそれほど多くないため「無理は禁物」と自分を戒める慎重さを持ち合わせていたのですが、都心にある築浅物件の情報を入手。熟考を重ねた上に、購入を決意したのです。しかし、思わぬ事態が発生しました。

    詳しく見る

  • 不動産投資の
    失敗事例その11

    物件購入時に起こった選択ミス

    Kさんは物件購入の際、ワンルームかファミリータイプのどちらを購入するのか、迷っていました。そして最終的には「将来、自分が住めるから」という理由で、ファミリータイプを購入しました。しかし、経営は早々に暗転しました。広さ、家賃ともエリアニーズに合致せず、入居希望者がなかなか現れず…。

    詳しく見る

  • 不動産投資の
    失敗事例その12

    管理会社の重要性を知らなかった

    Lさんはディベロッパーの物件を購入し、賃貸管理もその会社と契約を結びました。新築で立地も良かったので、購入後数年は経営も順調。しかし一人の入居者が退去してから、空室が数ヶ月続きました。不審に思い調べたところ、管理会社が入居者募集をしていなかったことがわかったのです…。

    詳しく見る

  • 不動産投資の
    失敗事例その13

    重要事項説明の確認漏れ

    Mさんは相場よりもずっと安く、中古の一棟マンションを購入できることになりました。高利回りを期待しつつ、重要事項説明を受けましたが、その際に気になることがありました。しかし「大丈夫だろうと」安易に考えてしまったことで、後々大変な思いをすることになってしまったのです…。

    詳しく見る

  • 不動産投資の
    失敗事例その14

    購入物件の現地調査を怠った

    Nさんは本業を持っており、興味を持った物件の調査は平日の夜にしかできませんでした。購入した物件に入居者が全くつかないため、昼間に訪れてみると、近隣にゴミ屋敷があることがわかりました。家賃を下げることで何とか入居者は確保できたものの、経営は悪化する一方でした…。

    詳しく見る

  • 不動産投資の
    失敗事例その15

    女性が不動産投資で失敗してしまった理由

    Oさんは30代のOL。父親の遺産を相続し自己資金が潤沢でした。「何か資産運用を始めておこう」と考えて興味を持ったのが不動産投資でした。しかし悪質な不動産投資会社にひっかかってしまいました。どうすれば失敗を回避することができたのでしょうか…。

    詳しく見る

安心して任せることができる
不動産投資会社リスト

不動産投資を行うためには、専門知識の習得が必要。個人の力では限界がありますから、的確なアドバイスを与えてくれるパートナーの存在が必要不可欠です。物件購入はもちろん、経営開始後のアフターサポートや賃貸管理を、安心して依頼できる会社を見つけて下さい。以下、信頼できる不動産投資会社を紹介していきます。

安心して任せることができる
不動産投資会社はこちら!

不動産投資の基礎知識

不動産投資は基本的に「長期的に経営することで、収支をプラスにしていく」ことを目指します。「都内に何軒もの物件を経営している」など、景気のいい話も喧伝されていますが、失敗すると大儲けどころか、資金の大幅減や自己破産に至ってしまう可能性がありますので、注意が必要です。まずは基礎知識をしっかりと学ぶことが大事です。

不動産投資の
基礎知識を見る

不動産投資の
リスクと回避法

投資にはリターンがある代わりに、リスクもつきものです。もちろん不動産投資にも、特有のリスクが存在しています。これらについて知識を深め、対策を講じていくことは、不動産投資を進めるために欠かせません。中には地震や天災など、人間の力では防ぎようのないリスクも含まれていることを、念頭に入れておく必要があります。

不動産投資の
リスクをチェック

安心して任せられる
投資会社リストを
もう一度見る