自己破産せざるを得なかった理由

不動産投資の失敗例を紹介します。このページのテーマは「破産」です。

破産|不動産投資の失敗例

不動産投資は、新しい投資のかたちとして、2030代の若年層サラリーマンからも注目を集めています。

しかし他の投資法に比べ、初期費用の額が大きいという点には、注意が必要。中には「自己資金ゼロからスタート可能!」、「20%以上の利回り!」などの甘い文句で物件購入者を募る悪徳業者もいますが、不動産経営はそれほど簡単ではありません。

実際、ほとんどの投資家が、購入前に金融機関からの融資を受けています。当然の結果として返済が必要ですから「不労所得で左うちわ」という状況が実現するまでには、長い年月がかかると知っておかなくてはなりません。

また慎重を期していたとしても、経営が破綻してしまうケースは数多くあります。空室が続くことで収入が途絶えてしまう、設備故障が発生して多額の修繕費用が発生するなど、理由はさまざま。こうした場合でも、物件の売却さえ叶えば「投資用の資金が目減りしてしまった…」という程度の損害で済むでしょう。

しかし中には、自己破産に至るという深刻なケースもあります。以下に具体例を紹介します。

債務整理のタイミングさえ逃してしまった

Jさんは、30代前半のサラリーマン。話題となっている不動産投資に興味を持っており、自分なりに勉強を重ねていました。自己資金はそれほど多くないため「無理は禁物」と自分を戒める慎重さを持ち合わせていたのですが、都心にある築浅物件の情報を入手。「立地条件は悪くないから、入居希望者は常に現れるはず。またすぐに修繕が必要になることもないだろう」と計算し、購入を決意したのです。

実際、はじめの1年間の経営は順調に進みました。しかし、思わぬ事態が発生。入居者が室内でトラブルを起こし、大規模な修繕が必要となってしまったのです。その出費額は100万円を超えただけでなく、事故物件扱いまでされるようになってしまいました。

もともと資金には難があり、ギリギリのラインでローン返済を行っていたJさんのマンション経営は、このアクシデントによりすぐ破綻しました。経営をあきらめたくなかったJさんはお金を工面し、返済に充てていたのですが、滞納は重なる一方。ついには督促も止まり、物件は競売にかけられることとなってしまったのです。

Jさんは「何とかしなければと焦るあまり、債務整理のタイミングさえ逃してしまった」と、うなだれます。現在は借金を帳消しにする代わりに自己破産の手続きを取っており、社会的な信用まで失ってしまいました。

このような失敗を避けるには

不動産投資は他の投資法と違い、金融機関から融資を受けるかたちでスタートが切れます。その分返済計画は周到に立て、ある程度の余裕を持たせておくことが大切。「不測の事態が起きたとしても、返済できる金額なのか」をきちんと考えておくべきです。不動産は、短期的に結果の出る投資ではない」という基本原則を、しっかりと理解しておかなくてはならないのです。

物件購入の際、良心的な不動産会社なら投資家の年齢や職業、年収、融資額、そして目的を考慮し、客観的で的確なアドバイスを与えてくれます。

より良いパートナー会社のサポートを受けながら、破綻のない経営を目指していきましょう!

安心して任せることができる
不動産投資会社はこちら



安心して
任せることが
できる不動産
投資会社リスト

詳しくはこちら