地方の物件購入で破たんの兆し

不動産投資の失敗例を紹介します。このページのテーマは「地方物件経営」です。

地方物件|不動産投資の失敗例

オーナーにとっては投資の対象である、不動産。しかし、居住者にとっては生活の拠点です。物件購入の際に「オーナー視点」を重視しすぎるあまり、実際の経営が破たんしてしまうのはよくある話。その代表例のひとつに、地方物件があります。

もともと入居希望者が少ないエリアの物件は、購入価格も低く抑えられています。その分家賃設定も低くなりますが、利回りで考えると10%近い数値を想定できることも…。このため、食指を動かすオーナーは多くなっています。以下に具体的な失敗例を見ていきましょう。

目先の数値に飛びついてしまった…

Hさんは関東のとある県にある、木造アパートを一棟買いしました。その購入価格は、約5,000万円。築年数の浅い物件であることを考えると、まずまずの価格です。魅力的だったのは、すでにとある企業が全室を借り上げていたこと。おかげで利回りは10%超えという状態でスタートを切ることができました。「相手は企業、という安心感が大きかった」と、Hさんは回想します。

しかし、順調な経営が進む中で、思わぬ事態が発生しました。2008年のリーマンショックです。Hさんのアパートを借り上げていた企業は、その煽りを受け、経営が暗転。大量のリストラを断行しました。さらに経費削減のため、社員寮のような形で利用していたアパートの契約更新も、すべて見合わせる格好に。「満室から一気に全空室に…。奈落の底へ落ちました」とHさんは振り返ります。

それでもHさんは希望を捨てず、入居者募集に努めた結果、半分以上の空室を埋めることができました。「その代わり、家賃は10,000円以上も下げざるを得ませんでした。年間では、数百万円の損失。この先も順調に経営できるかどうか…」と、頭を抱えます。

この失敗は、地方都市にある物件の高利回りに飛びついた結果と言えそう。また「周辺にある施設(企業)に頼りすぎ」という、二重の過ちにより招かれています。

このような失敗を避けるには

地方都市の高利回り物件に飛びついてしまうのは、大変リスキーです。目先の高利回りに騙されず、空室リスクやランニングコスト、そして将来の不動産相場なども鑑みながら「本当に高利回り物件と呼べるか」どうかを、見極めなければなりません。

また「一寸先は闇」というリスクはどの業界にも横たわっているご時世ですから、周辺施設に頼り切るのも、考え物です。

投資家は誰もが投資を成功させたいと考えているため、冷静な判断ができなくなってしまうこともあります。第三者的な視点で冷静なアドバイスをしてくれる不動産投資会社と良い関係を築いていくことが必要不可欠です。

安心して任せることができる
不動産投資会社はこちら



安心して
任せることが
できる不動産
投資会社リスト

詳しくはこちら