近くの大学が移転をして入居者激減

不動産投資の失敗例を紹介します。このページのテーマは「立地条件の変化」です。

立地条件に大きな変化が|不動産投資の失敗例

不動産は、若年層でも始められる投資法として注目を集めていますが、もちろん失敗のリスクはあります。そのひとつが「立地条件の変化」です。

入居希望者の絶えない人気物件となるために、内部設備の充実は重要ですが、それ以上に考えておかなければならないのが、立地の条件です。

人気の立地条件

  • 駅や商店街から近く、生活がしやすい。
  • 周辺の安全性が高い。
  • 閑静な住宅街である。

上記のように普遍的な条件に加え、周辺に多くの人間を集める施設がある場合も、入居者集めには優位に働きます。

代表例は、学校。特に大学は遠方からの入学者が数多いため、ターゲットに合致する内容の物件を確保できれば、安定した経営を行うことも夢ではありません。また地方都市の場合「大企業の大型工場などが近隣に稼働していると、周辺の賃貸住宅が潤う」という図式もあるようです。

しかし、これらはあくまで他の機関が運営しているもの。あまりにアテにしすぎていると、共倒れになってしまう危険を孕んでいます。以下に具体的な失敗例を見ていきましょう。

校舎移転で大損害に

Fさんはエリア内に開校する大学から、すぐ近くにあるワンルームマンション物件を購入しました。築30年とそれほど良い条件ではありませんでしたが、Fさんは「アパートの多いエリア内で、堅固なマンションは人気を集めるはず」と判断。実際に経営開始後は女子学生からの人気が高く、数年間は「稼働率100%で約8%の利回りを達成する」など、経営は順調でした。

しかし数年前、少子化の煽りを受け学生数は激減。大学が、別エリアにある他校舎との合併を発表しました。この決定を受け、入居者が退去したのを皮切りに経営は暗転。何と1年以上も空室が続き、利回り0%という最悪の結果を招いてしまったのです。

Fさんは売却を決意しましたが、その価格は購入時から大幅にダウン。3分の1程度にしか評価されなかったそうです。

このような失敗を避けるには

上記のように「周辺施設に頼り切り」という物件の購入には、大きなリスクが伴います。お世辞にも好景気とは言えない時世ですから、一寸先は闇。「絶対安泰」ということは、どの業界でも考えにくくなっています。たったひとつの施設がもたらす需要をアテにする賃貸物件経営は、避けた方が無難でしょう。

こうした事態を招かないためには、安心して購入相談ができる不動産会社をパートナーに持つことが大切です。

安心して任せることができる
不動産投資会社はこちら



安心して
任せることが
できる不動産
投資会社リスト

詳しくはこちら