物件購入時には細心の注意を

不動産投資の失敗例を紹介します。このページのテーマは「物件選び」です。

物件選び|不動産投資の失敗例

近年ブームが過熱していると言っても過言ではない不動産投資ですが、物件選びを誤ると空室が続き、経営が簡単に破綻しますので要注意。特に初心者は、以下のような失敗を犯しがちです。

  • 利回りだけに捉われ、居住者にとって魅力のない物件を購入してしまう。
  • エリア内のメインターゲット層に刺さらない物件を購入してしまう。
  • 物件や現地確認を充分行わないままに、物件を購入してしまう。
  • 収支計画をよく立てないまま、分不相応な物件を購入してしまう。
  • 収支計画をよく立てないまま、築年数の古い物件を購入してしまう。

いかがでしょうか?上記の例は「オーナー視点を重視するばかりで、入居者のことを考えていない」か「ランニングコストを念頭に入れていない」失敗として、大別できそうです。以下に具体例を見ていきましょう。

「将来、自分が住むかも」と考えたばかりに…

Kさんは物件購入の際、ワンルームタイプかファミリータイプのどちらを購入するのか、迷っていました。そして最終的には「将来、自分が住むこともできるから」という理由で、ファミリータイプを購入しました。

しかし、経営は早々に暗転しました。まず、Kさんが物件を購入したエリアは単身者の居住率が高かったため、広さも家賃もニーズに合致しない物件となってしまい、入居希望者がなかなか現れなかったのです。

さらに広さや設備の充実度に比例した高額な修繕積立金が、財政状態を圧迫しました。Kさんは「短期間でこんなに積み立てていかなくてはならないなんて…」と、焦りを隠せません。

現在のところ、収支はマイナス続き。Kさんは「あくまで投資用と割り切ったうえで、物件を購入するべきだった」と、後悔しきりです。

このような失敗を避けるには

本サイト内でも繰り返し述べていることですが、不動産投資は「入居者ありき」。この鉄則は、物件選びの段階から肝に銘じておかなければなりません。しかし、つい「目先の利回り」や「自分の好み」に走ってしまう人が多くなっているのです。

こうした失敗を犯さないために必要なのは、親身になって相談に乗ってくれる不動産のプロのアドバイス。相談者が興味を持っている物件エリアの商圏分析をきちんと行い「順調な経営が行えそうな物件」だけを薦めてくれる不動産投資会社を選ぶことが、大切です。

「とりあえず売りつけてしまえ」という会社が相手では、先々で失敗してしまうのも当然。また人に頼ってばかりではなく、投資家自身が物件購入について知識を深め、より良い物件を選ぶ目を鍛えることも重要ですよ。



安心して
任せることが
できる不動産
投資会社リスト

詳しくはこちら