不動産投資の流れ

このページでは、不動産投資の流れを紹介しています。

知っておきたい不動産投資の流れ

「不動産投資はどのような流れで進んでいくのだろうか?」。そんな風に疑問を持つ人がいるかと思います。以下を参照してください。

  • 不動産投資の仕組みを学び、資金計画を立てる
  • 物件を探す
  • 購入申し込みをする
  • 融資の審査を受ける
  • 売買契約を締結する
  • 管理会社の選定
  • 引き渡し後、経営を開始する

それではそれぞれの内容を、詳しく見ていくことにします。

不動産投資の仕組みを学び、資金計画を立てる

不動産投資を始める前に、その内容について知識を深めておくことは、極めて重要です。経営にあたって、どんなリスクがあるのかを理解しないまま見切り発車してしまうと、不測の事態が起きた時に対応できません。脳に汗を掻き、しっかりと学んでおくことで投資家としてのスタートを切ることができます。

また、資金計画を周到に立てておくことも大切です。自己資金はどのくらい用意できるのか、経営開始後に必要なランニングコストにはどのようなものがあるのか、そして月々に必要な出費にはどのようなものがあるのか、など。この過程を省くと、たったひとつのきっかけで経営が破綻してしまうこともあると、心しておきましょう。

物件を探す

物件探しの際は、無理のない支払いが可能な価格帯か、入居希望者にとって魅力的な物件か、利回りはどのくらいかなどの条件で振るいにかけながら、情報を絞り込んでいきます。

この段階でも「自分で探す」という姿勢が大切。不動産会社の営業マンの強引なセールストークに振り回され、条件の悪い物件を押し付けられてしまう人が、少なくないからです。

また気になる物件を取り扱う不動産会社へ訪れた際は、自分の投資ビジョンを共有し、プロの目で「経営が可能か」を確認してもらうと良いでしょう。

さらに物件選定の際は、現地へ自分で足を運び、内外観や設備、周辺の環境などをしっかり確認しておいてください。

購入申し込みをする

「これだ」と思う物件が見つかったら、購入を申し込みます。その際「重要事項説明」は必ず受けること。また、条件を交渉できる可能性もありますので、調整は積極的に行ってみてください。

融資の審査を受ける

不動産購入には多額のお金が必要となりますので、金融機関から融資を受けるのが一般的。その審査に通らないと、投資自体がスタートできません。さまざまな書類が必要となりますが、物件を取り扱う不動産会社によるサポートを受けられることもあります。

また、もし審査に通らなかったとしても、1行だけであきらめずに、他をあたってみてください。ただし、通過が異様に早い業者は金利も高い可能性があるので、しっかり確認しましょう。

売買契約を締結する

売主と買主の間できちんと合意が成立したら、契約を締結します。

この時点でまだ融資が確定していない場合は、「融資が叶わなかった場合、契約を白紙にできる融資特約」を、契約書へ必ず盛り込むようにしてください。

管理会社の選定

投資目的の不動産購入では、物件管理を本人ができないことがほとんど。そのため、管理会社を選定し、契約を結ぶ必要があります。

物件の前所有者からそのまま引き継ぐ場合もありますし、自分自身で探す場合もあります。いずれにせよ、誠意あるサービスを提供してくれる業者を選ぶようにしてください。

引き渡し後、経営を開始する

物件が決まったら、そこから引き渡しまでは最短で1ヶ月程度です。いよいよ不動産経営が開始されますので、気を引き締めて臨みましょう。



安心して
任せることが
できる不動産
投資会社リスト

詳しくはこちら