サラリーマンが有利な理由

このページでは、不動産投資とサラリーマンの関係について調べています。

不動産はサラリーマンにおすすめの投資法という理由は

ひと昔前まで、投資の代表格は株やFXなどの有価証券でした。しかし近年は、マンションなどを購入し、経営しながら家賃収入を得る「不動産投資」がにわかに脚光を浴びています。実際2030代の若年層の中にも、不動産投資を行う人が数多くいるのです。

中でもサラリーマンは「特に不動産投資」に向くとされています。その理由を以下に紹介していきましょう。

融資を受けやすい

不動産投資のメリットは、金融機関から融資を受けられることにあります。例えば「株式投資を行いたいので、お金を貸して下さい」と頼んだとしても、相手にしてくれる金融機関はありません。しかし不動産の場合は、融資を受けることが可能です。

そもそも不動産の価格は非常に高く、キャッシュで購入できる人は早々いません。そこで融資を依頼するわけですが、当然金融機関は、「支払い能力があるかどうか」の審査を行います。この際、定期収入があって、過去の年収などもすぐに提示できるサラリーマンは、非常に有利なのです。

「でも私は、安月給のサラリーマンだから…」と心配する人がいるかも?確かに年収が高い方が審査には通りやすくなり、融資額も大きくなります。しかし金融機関は数多く存在しており、それぞれが別の企業です。このため融資の審査基準も、金融機関により大きく異なるのです。ひとつの金融機関に断られたからと言って、悲観することはありません。

「定期収入が見込める労働者は、それだけで社会的な信頼を得やすい」という事実をフル活用し、不動産投資にトライしてみましょう。

管理を他人に任せられる

株などの投資にハマっているサラリーマンには「本業がおろそかになりやすい」という傾向があります。確かに投資が暗礁に乗り上げてしまったとあれば、仕事中に「気もそぞろ」となってしまうでしょう。また「いま買っておくべき銘柄が…」などの情報に踊らされ、右往左往してしまう人もいるのでは?そもそも株式市場などはウィークデーに稼働しており、サラリーマンの労働時間と完全にバッティングしているため、両立はなかなか大変なのです。

しかし不動産投資の場合、物件管理を専門の業者に委託することが可能。その内容は家賃の回収から入居者対応、そして入居者募集など多岐に渡ります。もちろん管理料を支払う必要はありますが「他人に任せておくだけで、家賃収入が得られる」という投資法ですから、本業と両立しやすいのは確かです。

「一瞬の判断で、大儲けか大損が決まる」と言ったギャンブル性の強い投資よりも、「長い時間をかけ、ゆっくりと利益を生み出していく」不動産投資の方が、サラリーマン向きと思うのですが、いかがでしょうか?

生命保険代わりになる

不動産購入にあたって金融機関から融資を受ける際、自動的に「団体信用生命保険」に加入することとなります。

この保険は「ローン返済中に借主が死亡するか高度障害者となった場合、団体信用生命保険が適用され、ローン残債は無効に。また不動産は無借金で家族のものになる」という内容を保障してくれます。

生命保険代わりともなってくれる不動産は、やはり堅実なサラリーマンにおすすめの投資法と言えそうですね。



安心して
任せることが
できる不動産
投資会社リスト

詳しくはこちら