失敗事例から学ぶ不動産投資会社の選び方 » 不動産投資のリスクと回避法

不動産投資のリスクと回避法

知っておきたい不動産投資のリスクと回避法

このカテゴリでは、不動産投資のリスクと、その回避法について情報をまとめています。

若年層の投資家たちから、熱い注目を集めている不動産投資。家賃収入という手堅いインカムゲインがあり、物件購入の際も金融機関から融資を受けられるなど、数多くのメリットがあります。

しかしメリットばかりで大儲け、というのであれば、誰もが不動産に投資しているはず。デメリットも当然存在していますから、きちんと対策を講じておかなければ「資産を増やす」どころか、借金を背負うような結果を招いてしまいます。

本カテゴリには不動産リスクに関する以下のページを設けていますので、要注目です。

空室

不動産経営の中で最も恐ろしいリスクと言えば、こちら。いくら物件を購入したとしても、空室が続くようでは、どうしようもありません。入居者を惹き付ける物件となるための方策とは?

借入

「頭金ゼロからでもスタート可能」。実際にそのようなケースも存在しているのが、不動産投資です。しかし、借入は借入。「できるだけ早く返済してしまいたい」と考えるのは、当然と言えます。

家賃滞納

不動産経営の中で意外な落とし穴となるのが、家賃滞納です。入居者がいるのに収入が途絶えてしまうのですから、空室リスクよりもタチが悪いと言えるかも?しかも退去の強制はすんなりと進みません。

家賃下落

高利回り物件はそれだけで魅力的に映りますが、建物の経年劣化や周辺環境の変化などにより、強気の家賃設定を維持することができなくなる時が来ます。今からその対策を講じておくことは、不動産投資にとって重要です。

物件価値下落

家賃下落と同じく、投資前から想定に入れておかなくてはならないのが、物件自体の価値下落。こちらも家賃下落や入居者離れの大きな要因となってしまいます。どのように対応すべきなのでしょうか。

修繕

マンションなどの物件は、付帯設備が最新式であったり、充実しているほど入居希望者が集まりやすくなります。しかし、それらの設備には故障がつきもの。その修繕費はどのぐらい必要なのでしょうか?

地震

投資用物件が数多く存在する東京23区内で、30年以内に大地震が発生する確率は70%にも及ぶそうです。きちんと対策を講じておかないと、大損害を被ってしまう可能性がありそうです。

火災

災害として、地震よりも不動産投資にとって脅威となるのが、火災です。居住者の不注意による出火はもちろん、隣室からの延焼、そして放火なども等しく物件に大きな損害を与えますので、保険加入は必須。

管理会社の倒産

投資家が本業の片手間に物件管理を行うことは、現実的に不可能。そこで賃貸管理を行う会社に委託を依頼するわけですが…。その会社が倒産してしまうというリスクもあります。その対策とは?

デッドクロス

不動産投資の際、知っておくべき専門用語の代表例である、デットクロス。その詳細をわかりやすく説明するとともに、将来その時期を迎えた際、焦らないための対策について情報をまとめています。



安心して
任せることが
できる不動産
投資会社リスト

詳しくはこちら