借入

このページでは、不動産投資の借入リスクについて調査しています。

不動産投資の借入リスクとは

不動産は他の投資法に比べ、元手が多く必要になります。物件の購入価格が高額だからです。

また不動産には、それ自体に担保価値があるため、投資法の中で唯一、金融機関からの融資が得られる方法です。このため、ほとんどの投資家が物件購入にあたり、借入を行います。

さて借入リスクですが、単純に言えば「返済が滞る」ことに尽きます。物件の経営には空室や設備不良などさまざまなリスクがありますので、収入が途絶えたり持ち出しが続くと、ローン返済に充てる資金がなくなってしまいます。こうなると、売却を検討しなくてはなりません。

不動産投資自体は借入がなければ成立しにくくなっていますが、その返済額がキャッシュフローを圧迫しないよう、慎重に検討する必要があるのです。

また借入には、利息がつきます。金利は経済の状況によって変動しますので、借入期間の長い不動産ローンの場合には、きちんと計算に入れておく必要があるでしょう。

リスク回避のために知っておくべきこと

とは言え、不動産投資は大きく展開するほど旨味も感じやすくなります。

1件目の物件に常に入居者がいれば、継続して収入が得られます。ローンの返済額はある程度決まっていますから、それを上回る収入さえ計上できれば、次の物件購入を検討可能。1件目で得られる収入を、2件目のローン返済に充てれば良いのです。また1件目のローンを順調に返済し続けている実績があれば、2件目の融資を優遇してもらいやすくなります。こうして件数を増やしていけば、それだけ収入も大きくなっていくのです。

そのためにはやはり「入居希望者にとって魅力的である」、「一度住み始めたら、居心地が良くてなかなか移る気になれない」といった条件を満たす物件を選び続けることが大切です。

借入リスクの対策

借入額が少なければ、不動産投資における借入リスクを低く抑えることができます。しかし投資として考えるなら、借入額は多いほど選択肢も広がるという考え方もあります。このジレンマをどのように見極め、手綱を握っていくかは、投資家にとっての大きな課題と言えます。

そのひとつの目安となるのが、キャッシュフロー全体で占める借入の比率です。

返済額があまり全体を圧迫しているようだと、大きな悪影響が及んできますので、要注意。常に40%程度で抑えられているかどうかは、ひとつの指針となってきます。目を光らせておきましょう。



安心して
任せることが
できる不動産
投資会社リスト

詳しくはこちら