火災

このページでは、不動産投資の火災リスクについて調査しています。

不動産投資の火災リスクとは

火災不動産は投資家にとって「投資の対象」ですが、居住者にとっては「生活の場」です。このため、毎日の生活の中で不測の事態が発生する可能性も大いにあります。

投資家にとって最も恐ろしいリスクのひとつは、火災。もし居住者の不注意で室内に火事が発生した場合、内装や付帯設備に大きな損害が及んでしまいます。また自分自身が経営している居室ではなく、隣室から火災が発生した結果、損害が及ぶという可能性も考えられます。

いずれにせよ物件価値の下落や経営破綻を招きかねない、恐ろしいリスクのひとつですから、きちんと対策を講じる必要がありそうです。

火災リスクへの対策

火災リスクに対する備えとしては、保険加入が挙がります。

投資家が物件を購入する際(正確には、ローン購入する際)、火災保険への加入は義務付けられていることからも、「必要欠くべからざるもの」という認識が広く浸透していることがわかります。

物件への入居者も同様に、賃貸契約の際、火災保険へ加入することが義務付けられます。その補償は、入居者の家財道具が対象となっています。

このようにひとつの居室に対し、ふたつの火災保険が機能することで、はじめて不動産投資の火災リスク対策が機能するのです。

リスク回避のために知っておくべきこと

ひと口に火災保険と言っても、保険会社によりその内容には差があります。またオプション追加が可能なケースも多くなっているようです。

物件購入をサポートしてくれる不動産投資会社によっては、提携保険会社をゴリ押ししてくる可能性もありますが、保険料の高さと、補償内容の手厚さが必ずしも一致するわけではありません。しかし保証金額の大小とオプションの有無は、保険料の高さに比例します。いずれにせよ、内容をよくチェックしておくことは大切となってきそうですね。

ただし火災保険は、加入期間を選ぶことも可能。1年、3年、5年、10年などの選択肢が用意されています。まずは1年加入してみて、その間にもっと魅力的な保険を見つけたら、他の乗り換えるということも可能なのです。また10年契約を結んだ場合でも、支払いは分割にすることができます。さらにもし10年加入を一括払いし、その期間中に売却を決めた場合は、残年数分の支払額は返却されます。

なお一般的には、居室内からの出火、延焼、そして放火などによる火災がすべて対象となり、全損で契約金額の100%、半損で50%、一部損で5%程度が支払われることが多いようです。



安心して
任せることが
できる不動産
投資会社リスト

詳しくはこちら