修繕

このページでは、不動産投資の修繕リスクについて調査しています。

不動産投資の修繕リスクとは

マンション居室などの不動産には、キッチン、トイレ、バス、そしてエアコンなどの設備が最低限付帯されています。これらの設備がなければ、入居希望者がグッと減少してしまうでしょう。しかし経年と共に劣化が進み、故障が発生するのも事実です。

付帯設備の修繕は、原則的にオーナーが行わなければなりません。物件によっては、費用が数十万円~100万円以上にまで膨れ上がってしまうこともあるので、備えが必要。これらの出費を念頭に入れておかないと、経営が暗礁に乗り上げてしまうこともあります。

リスク回避のために知っておくべきこと

以下に、居室内にある主な設備の耐用年数を紹介していきましょう。

  • エアコン…10年程度
  • 給湯器…15年程度
  • インターフォン…15年程度
  • ウォシュレット便座…40年程度

中古マンションを購入する場合は、これらの設備の状況がどのようになっているのか、きちんと確認しておかなくてはなりません。

また区分マンションを所有する場合、専有部分(居室)だけでなく、共有部分の修繕も頭に入れておく必要があります。これらの費用は各居室のオーナーが等しく捻出しなくてはならず、管理組合に「修繕積立金」として、月々納めなくてはなりません。その相場は月額10,000円程度となっています。

対象となるのは階段や屋根、外壁、そして配管などの修繕。これらの設備に劣化や問題が目立つと、マンション全体のイメージが悪くなり、入居者離れや希望者集めの難航を招いてしまいます。修繕への備えは、必要不可欠と言えるでしょう。

修繕リスクの対策

投資家は、不動産経営の計画を立てる際、修繕費用をきちんと計算に入れておく必要があります。特に専有部分の故障に関しては、誰も助けてくれませんので、個人で積み立てていかなくてはなりません。突然のトラブルで、早々に設備故障が発生する可能性もゼロではないので、自己資金が多いに越したことはないでしょう。

また修繕に関しては、賃貸管理を委託する会社とよく話し合っておくのがベター。管理実績が豊富な会社なら、ノウハウに裏打ちされたアドバイスを提供してくれます。修繕費用を計算に入れた収支計画の立案は非常に重要ですので、積極的に助言を仰ぐようにして下さい。

なお、一部の会社は特定の修繕業者と提携関係を結んでおり、投資家に選択の余地を与えない可能性があります。費用が適正ならそれでも良いのですが、相場よりも高い修繕費用を請求するようでは、問題です。契約の際は、こうした部分にも目を光らせておく必要がありそうです。



安心して
任せることが
できる不動産
投資会社リスト

詳しくはこちら